僕の迷曲コレクション 珍盤・奇盤・和みソング

Radio & Record

今回あえて迷曲コレクションと題した楽曲の収集は、間違いなくあの山下達郎氏のサンデーソングブック、珍盤・奇盤特集に影響を受けています。2010年あたりのオンエアくらいから意識し始めて、2012年の特集の時にはどの曲も秀逸でインパクトがあり大変興味深く拝聴しました。その後も数回特集され、今年2020年も8月2週に渡りオンエアされましたが、期待が大きすぎたのかやや残念な結果に・・・(ごめんなさい。あくまで個人的な感想です。コロナ禍でいろいろご苦労もお有りになるのではないかと勝手に想像したりもして)それなら自分でチョイスしてみようかと思うに至ったのであります。

珍盤・奇盤といえばへんな音楽、変わった音楽であるとか、あるいは受け狙いのコミックソングなどとは異なるモノであるとか、人それぞれいろいろな意見があるわけですが、それは楽曲のジャンルを超えて、ヒットした曲も時代とともに忘れ去られ、あるいはヒットするでもなく、あるいは個性的過ぎるが故に多くの人にはその存在すら知られておらず、あるいは大人の事情で世に出なかったとか、世に出てもすぐに闇に葬られたなどなど、いろいろな曰くのある曲たちが、ある日ある時何処かで少しだけ日の目を見る。そんな曲をそう呼ぶのではないかと思うわけです。ただ楽曲を収集するなかで、この珍盤・奇盤の呼び方がやや私の求めるものにそぐわないような気がしてサブタイトルはもう少しマイルドな表現を追加しました。

現在鋭意楽曲収集中につき以下の4種に大きく分けて記載しています。
リンクはとにかく聞ければ良しとしていろいろなところに、リンク切れも早いと思われるのでサブリンク出来るものはしてあります。

名曲 珍盤・奇盤・和み盤

2003朝日のあたる家 / Sub-Linkちあきなおみ
作詞・作曲:PD  日本語詞:浅川マキVIRTUAL CONCERT 2003 朝日のあたる家
1995カローラIIにのって / Sub-Link小沢健二
作詞:佐藤雅彦・内野真澄・松平敦子 作曲:内野真澄
編曲:吉川忠英
1月1日東芝EMIより発売
1991人間なんて / Sub-LinkMICA(奥土居美可)
作詞・作曲:よしだたくろう1991年リリースシングル
1991パープル・ヘイズ音頭 / Sub-LinkHIS 細野晴臣、忌野清志郎、坂本冬美
作詞・作曲:ジミ・ヘンドリックス
日本語詞:忌野清志郎、春日博
1991駄目な時ゃダメよ美川憲一
作詞:三浦弘 作曲:三浦弘
1987君はトロピカル / Sub-Link中井貴一
作詞:安井かずみ 作曲:加藤和彦 編曲:奥慶一
1987恋のバカンス ’87 / Sub-LinkBe-2
作詞:岩谷時子 作曲:宮川泰
1985危険な関係細川俊之&香坂みゆき
FM東京「ワールド・オブ・エレガンス」放送10周年記念
作詞:中山恵子 作曲・編曲:レイモン・ルフェーブル
香坂みゆきシングル 
A面 HORIZON のB面収録
1985リタ・デ・ジャネイロ中井貴一
作詞:安井かずみ 作曲:加藤和彦アルバム プライベートシアター に収録
1982イエロー・サブマリン音頭 / Sub-Link金沢明子
作詞・作曲:ジョン・レノン、ポール・マッカートニー
日本語訳詞:松本隆、編曲:萩原哲晶
1979潮騒のメロディー / Sub-Link高田みづえ
日本語詞:斉藤仁子 作曲:フランク・ミルズ
原曲:Music Box Dancer(愛のオルゴール)
9月 高田みづえ シングル発売
5月 さこみちよ シングル発売
1979サウスポー / Sub-Link少年探偵団
作詞:阿久悠 作曲:都倉俊一1973年 ピンク・レディー7枚目シングル
1979剣の舞 / Sub-Link尾藤イサオ&ドーン
作曲 : ハチャトゥリアン 作詞 : なかにし礼
曲構成 : いずみたく 
サーベル演技指導 : タイガー・ジェット・シン
1979迷い道少年探偵団
作詞・作曲:渡辺真知子1977年 渡辺真知子1作目シングル
1979与作少年探偵団
作詞・作曲:七澤公典1978年発売 北島三郎、千昌夫
1977ホテル・カリフォルニアタンポポ
日本語詞:なかにし礼
1976セクシーバスストップ / Sub-Link浅野ゆう子
作詞:橋本淳 作曲:Jack Diamond(筒美京平)
編曲:高田弘
B面 ブルーライトヨコハマ
1973赤い風船石川さゆり
森昌子
作詞:安井かずみ、作曲・編曲:筒美京平石川さゆり『デビュー・アルバム』収録
1973イエスタデイ・ワンス・モア小林正樹(内山田洋とクール・ファイブ)
日本語詞:山上路夫 編曲:横内章次1973年 カーペンターズ
1973とん平のヘイ・ユウ・ブルース / Sub-Link左トン平
作詞:郷伍郎 作曲:望月良道  編曲:深町純A面
東京っていい街だよな / Sub-Link左トン平
作詞:郷伍郎 作曲:村岡健  編曲:深町純B面
1973ローリング・ストーンズは来なかった / Sub-Link西郷輝彦
作詞・作曲:藤本卓也幻に終わったローリング・ストーンズ
武道館公演をタイトルにした曲。
1972Have A Nice Day 天然色写真編
Have A Nice Day 気ままに写そう編
吉田拓郎
作詞・作曲:吉田拓郎フジカラーCMソング
1971朝日楼浅川マキ
作詞・作曲:PD  日本語詞:浅川マキ朝日のあたる家
The House of the Rising Sun
アメリカ合衆国の伝統的なフォーク・ソング
1971愛の絶唱太子乱童
作詞:高月ことば 作曲:鈴木英治 編曲:北野ひろしテイチクレコードよりシングルリリース
1971どうでもいい節我夢土下座
日本語詞・作曲?:笠木透
原曲:Go Tell It On A Mountain
B面 さよなら△また来て
1970親父にさよなら / Sub-Link森本レオ
作詞:森本レオ 作曲:佐々木勉 編曲:馬飼野俊一
1970グット,,がまんして!! / Sub-Link小山ルミ
作詞 : いなづまひかる 作曲 : はやしこば 編曲 : 宮川泰10月シングルリリース
1970私のビートルズ / Sub-Link常田富士男
作詞:吉岡治 作曲:神津善行
1969夜明けのスキャット / Sub-Link由紀さおり
作詞:山上路夫 作曲:いずみたく
1969The Zen(座禅) / Sub-Linkデューク・エイセス
作詞:永六輔 作・編曲:いずみたくアルバム にほんのうた vol.4 収録
1969モーレツのブルースマイガールス
作詞:保冨康午 作曲:チャーリー石黒・森岡賢一郎
編曲:森岡賢一郎
1969もしもぼくの背中に羽根がはえてたら小橋玲子
作詞・作曲:西岡たかしもしもボクの背中に羽根が生えていたら
五つの赤い風船のカヴァー
1968ぐんぐん銀座知川ユキ
作詞:丹古晴己 作曲:松尾安巳 編曲:竹村次郎
1968サイケな街 / Sub-Link万里れい子
作詞:水木ひろし 作曲:櫻井順シングルリリース
1968夏の夢ミッキー・カーチスとザ・サムライズ
作詞:ミッキー・カーチス 作曲:ヒロ・イズミ
1968ピーコック・ベイビー / Sub-Link大原麗子
作詞:東大路千弘 作曲・編曲:小林亜星シングルリリース B面「顔を見ないで」
1967恋のメキシカン・ロック橋幸夫
作詞:佐伯孝夫 作曲:吉田正松竹映画「恋と夢と冒険」主題
1967太陽に抱かれたい / Sub-Linkジョニー広瀬
作詞:幸田栄 作曲:遠藤実
1967真っ赤な太陽 / Sub-Link黛ジュン
作詞:吉岡治 作曲:原信夫1967年 ひばり側より発売拒否
1994年 CDシングルで発売
1961モスラの歌 / Sub-Linkザ・ピーナッツ(伊藤エミ、伊藤ユミ)
作詞:由起こうじ 作曲/編曲:古関裕而
インドネシア語訳詞:大槻秀樹
『モスラ』(1961年公開)
『モスラ対ゴジラ』(1964年公開)

そんな曲たちには常に敬意を持って対峙したいと思うのですが、ピックアップするに足る曲であるか否かということは、笑いにせよ、洒落にせよ、風刺にせよ、男女関係にせよ、それを共感出来るかどうかの個人差が非常に大きいと思われるわけです。今回の選択は個人的な好みを最大限に反映させた選曲であることを最初に記しておきたいと思います。ようは、なんであの曲が載ってないのかと思われるものが多々あるかと思います。
特に音痴もの、ヘビーな下ネタや凶悪犯罪、グロモノなどは、全く無理なので最初からゴメンなさいをしておきます。
また、アニメソングの多くは作られた背景がそのアニメの世界観であり、それを知らないで、または無視しての評価は、しっくりこないので、こちらも一部を除き記載しないことにしました。
では、どんな曲をチョイスしたのかと言えば、”また聞きたくなる曲” です。載せた曲でも迷ったものがありますので、今後消されてしまうものがあるかもしれませんが悪しからずご了承あれ。

飲 食 系

飲食系などという分類に意味があるのか、とも思ったのですが意外にハマった気が今はしています。もちろん飲み物・食べ物系の曲を何でも載せるというわけではございません。

2013なめこのうた(地獄のなめこのうた) / Sub-LinkPVデーモン閣下
作詞・作曲:テルジ ヨシザワ 作曲:健 -tkr- 編曲:ルーク篁
2008青春おでん / Sub-Linktwe’lv (トゥエルブ)
作詞:礼空トオル 作曲:青木隆 編曲:高橋諭一テレビ東京系アニメ:イナズマイレブンEDテーマ
2001冷麺で恋をして小滝詠一
作詞:松本隆・高田文夫 作曲:大滝詠一
1996ヨーデル食べ放題 / Sub-Link桂雀三郎withまんぷくブラザーズ
作詞・作曲:リピート山中 編曲:赤坂東児
1995涙のラーメンこまどり姉妹
作詞・作曲:遠藤実
1991おさかな天国 / Sub-Link柴矢裕美
作詞:井上輝彦 作曲:柴矢俊彦
1990ウイスキーが、お好きでしょ / Sub-LinkSAYURI(石川さゆり)
作詞:田口俊 作曲:杉真理 編曲:斎藤毅1991年シングル盤発売
1984ラーメンたべたい / Sub-Link矢野顕子
作詞・作曲:矢野顕子
1982焼鳥サンバ / Sub-Link青樹亜依
作詞:酒田晃 作曲:条美樹 編曲:かみたかし
1981玉ねぎむいたら・・・ / Sub-Link桜田淳子
作詞:山上路夫 作曲:平尾昌晃 編曲:船山基紀桜田淳子34枚目のシングル
1979日本全国酒飲み音頭 / Sub-Linkバラクーダ
作詞:岡本圭司 作曲:ベートーベン鈴木
1975たべちゃうぞ / Sub-Link矢沢邦江(ガチャピン)
作詞:北村恒子/岡本おさみ 作曲:吉田拓郎
1974ペニーレインでバーボン / Sub-Linkよしだたくろう
作詞・作曲:吉田拓郎アルバム 今はまだ人生を語らず 1曲目に収録
1972カモネギ音頭平野レミ
作詞:吉岡オサム 作曲:了瑛貢 編曲:早川博二
1971カレーライス / Sub-Link遠藤賢司
作詞・作曲 : 遠藤賢司1972年シングルカット
1968ヤキリンゴの唄 / Sub-Link荒木一郎
作詞・作曲:荒木一郎 編曲:寺岡真三シングル「マックスへの手紙」のB面
1964うどんの唄 / Sub-Link吉永小百合とロイヤル・ナイツ
作詞:佐伯孝夫 作曲:吉田正
1962コロッケの唄 / Sub-Link五月みどり
作詞・作曲:浜口庫之助

コミック&フォークソング系

コミックソングとフォークソングを同じところに分類するのは抵抗があるのですが、コミックソングと題してその中にフォークソングを入れるのはもっと抵抗があったので併記することにしました。ジャンルはともかくも、ウケ狙い? のカテゴリーとでも申しましょうか

1994“ヘーコキ”ましたね / Sub-LinkMEN’S5
作詞:淡谷三治 作曲:淡谷n’太郎&盆帆
1991ハゲのメモリー / Sub-Link松崎しげる
替え歌:松崎しげる 作曲:馬飼野康二 編曲:小野崎孝輔
1985名古屋はええよ!やっとかめ / Sub-Linkつボイノリオ
作詞・作曲:山本正之
1983アーパー・サーファー・ギャル / Sub-Linkなぎら 健壱 と フォーク団’s
作詞:なぎらけんいち 作曲:民謡 編曲:田代耕一郎
原曲:Turkey in the Straw
B面 なぎらのマイムマイム
1981恋のホワン・ホワン / Sub-Link三遊亭円丈
作詞:有川正沙子 作曲:Nick Lowe & Ian Gomm
1980ボヨヨンロックまんが道
作詞・作曲:大槻ケンヂ
1979インベーダーWALK(あいつはインベーダー)マキ上田
作詞:河村シゲル 作曲:城賀イサム
1979宇宙人ワナワナアパッチ
作詞:ちあき哲也 作曲・編曲:矢野誠
1977演歌チャンチャカチャン / Sub-Link平野雅昭
なつめろ歌謡メドレー
1975金太の大冒険 / Sub-Linkつボイノリオ
作詞・作曲:つボイノリオ
1974ブスにもブスの生き方があるまりちゃんズ
作詞:まりちゃんズ 作曲:尾崎純也
1973赤とんぼの唄 / Sub-Linkあのねのね
作詞:清水国明 作曲:原田伸郎
1972放送禁止歌 / Sub-Link山平和彦
作詞・作曲:山平和彦2月10日発売
1971タリラリラン・ブルース (青春編) / Sub-Link信楽潤
作詞・作曲:信楽潤大映「タリラリラン高校生」主題歌
1970走れコウタロー(はしれコウタロー) / Sub-Linkソルティー・シュガー
作詞・作曲:池田謙吉、前田伸夫7月5日発売
1969オー・チン・チン / Sub-Linkハニー・ナイツ
作詞:里吉しげみ 作曲:小林亜星
1968自衛隊に入ろう / Sub-Link高田渡
作詞:高田渡 
原曲:I Want to Go to Andorra Pete Seeger
1969年4月URCレコードより発売
1967帰って来たヨッパライ / Sub-Linkザ・フォーク・クルセダーズ
作詞・作曲:フォーク・パロディ・ギャング
(松山猛・北山修) 作曲:加藤和彦
1967ラリラリ東京三浦正弘とアロハ・ブラザーズ
作詞・作曲:信楽順三

セクシーソング系

セクシーソングですが、主に昭和のというゆるいくくりをしています。最近の楽曲にもいろいろとあるようですが、それを含めてしまうと趣旨が変わってしまうと思われるのです。

1993ピエールとカトリーヌ / Sub-LinkBlue Film
作詞:古川裕也、桑原茂一  作曲:赤堀正直、箕輪秀一
1985恋のバッキン / Sub-Linkオナッターズ
作詞・作曲:ササキ・カツトシ 編曲:クニ河内
1981後ろから前から / Sub-Link畑中葉子
作詞:荒木とよひさ 作曲:佐瀬寿一
1980あゝ落ちる part1岸本加世子
作詞:なかにし礼都 作曲:倉俊一 編曲:田辺信一A面
あゝ落ちる part2岸本加世子
作詞:なかにし礼都 作曲:倉俊一 編曲:田辺信一B面
1978あらエッチ!都はるみ
作词:吉岡治 作编:曲市川昭介
1975さあおぬぎアンドレ・カンドレ(井上陽水)
作詞:松山猛 作曲:加藤和彦
1973あまい囁き / Sub-Link中村晃子・細川俊之
作詞:Giancarlo Del Re 作曲:Gianni Ferrioイタリア語題:Parole Parole
1973鞭で打たれて愛されて / Sub-Link池亜里沙
作詞:西沢爽 作曲:和田香苗 編曲:永作幸男
1971ドラマチック・ブルース / Sub-Link應蘭芳(おうらんふぁん)
作詞:佐伯孝夫 作曲:鈴木庸一 編曲:近藤進
1971僕にさわらせておくれ / Sub-Linkピンク・ピクルス
作詞:戸田良子 作曲:大杉文雄・二村健二 編曲:山屋清
1970お願い入れて操洋子
作詞・作曲・編曲:藤本卓也シングル「嵐の夜は二度来ない」のB面
1970ミミの甘い生活沢久美
作詞・作曲:信楽順三
1969痛い痛い痛いのよ應蘭芳(おうらんふぁん)
作詞:佐伯孝夫 作曲:鈴木庸一 編曲:竹村次郎3月シングルリリース
1968渚の歓喜 (エクスタシー)應蘭芳(おうらんふぁん)
作詞:佐伯孝夫 作曲:鈴木庸一 編曲:竹村次郎

誹謗中傷や差別のたぐいの楽曲は聴いていて不快になります。ですが現在は差別用語として扱われている一つの言葉だけを取り上げて、その楽曲全てを否定することや、そういった言葉の捉え方を常に本質や語源にまで遡って判断すべきなのかどうかは、その言葉が使われた時代背景により多少の変化があると考えています。
もちろん今は使うべきできではないのだけれど・・・そんな時代もあったねと、ある程度の許容を持って接すべき楽曲もあるように思われますがいかがでしょうか。