Tokina AT-X 107 DX Fisheye 10-17mm F3.5-4.5

Camera & Photo

魚眼ズームレンズ APS-C用
詳細はメーカーホームページをご参照ください。

AT-X 107 DX Fisheye | ケンコー・トキナー
Tokina AT-X 107 DX Fisheye の商品解説ページです。特長や仕様、作例写真などをご覧になられます。

Nikonマウントのレンズを時々持ち出して撮っています。広角端での画角が対角180度、レンズ先端から約25mmにまで被写体に接近して撮ることが出来ます。ここに載せた写真も見た目よりずっと近づいて撮っています。

ある目的があって購入したレンズでしたが、あまり使用していませんでした。暫く防湿ケースの中で放置だったのですが、トイカメラ・フィッシュアイなどの流行もあって通常撮影に一度使用してみると私の魚眼レンズに対する意識が大きく変わりました。
特にこのレンズにはズームがついていてその魚眼効果を変えられます。被写体の形や被写体との距離などに応じてデフォルメの度合いを変えて撮影することで新たな発見がありました。

レンズの記事といえば、解像度、色収差、周辺光量云々ですが、それは先のリンクからも著名な方の記事へつながっていますので、そちらをご覧ください。わたしは先にも書いたとおりトイカメラのフィッシュアイをきっかけに使い始めました。スナップ撮影やワークショップなどで面白い表現の写真がとれればそれでいいと思っています。ここに載せたどの写真もRAWからの現像処理はしていますがトリミングは一切していません。やはりファインダーを覗いてズームを変化させその場で画面を切り取るのが楽しいレンズのように思います。とかなんとか言いながら選んだ写真は最広角端の10mmのものが多かったようですね・・・