instax SQUARE SQ6 チェキスクエア

Camera & Photo

チェキスクエアのSQ6を紹介してみようと思います。今回は実機に限定販売の SQ6 Taylor Swift Edition を使用しています。機能は通常製品と全く同じですが、カラーやプリント柄にオリジナリティーがあります。おまけにフィルムを入れる缶ケースがついてきます。
使用方法は富士フイルムの特設サイトに詳しく紹介されていますので、以下にリンクを張ります。

1.電池の装填から通常撮影まで

チェキの使い方講座!「“チェキスクエア”instax SQUARE SQ6」の使い方&スクエアチェキの構図をマスターしよう! | HOW TO | 【Cheki Press(チェキプレス)】 | インスタントカメラ【instax<チェキ>】公式サイト
スクエアフォーマットに対応したinstax SQUAREシリーズの新商品「“チェキスクエア” instax SQUARE SQ6」の基本的な操作方法、さまざまな撮影モード、そしてスクエアフォーマットを活かした構図まで徹底解説します。使い方と撮り方をマスターして、多彩な表現にチャレンジしてみましょう♪

2.撮影モードとカラーフラッシュ

チェキの使い方講座!「“チェキスクエア”instax SQUARE SQ6」の使い方&スクエアチェキの構図をマスターしよう! | ページ 2 / 3 | HOW TO | 【Cheki Press(チェキプレス)】 | インスタントカメラ【instax<チェキ>】公式サイト
スクエアフォーマットに対応したinstax SQUAREシリーズの新商品「“チェキスクエア” instax SQUARE SQ6」の基本的な操作方法、さまざまな撮影モード、そしてスクエアフォーマットを活かした構図まで徹底解説します。使い方と撮り方をマスターして、多彩な表現にチャレンジしてみましょう♪

3.スクエアの構図をマスターしよう

チェキの使い方講座!「“チェキスクエア”instax SQUARE SQ6」の使い方&スクエアチェキの構図をマスターしよう! | ページ 3 / 3 | HOW TO | 【Cheki Press(チェキプレス)】 | インスタントカメラ【instax<チェキ>】公式サイト
スクエアフォーマットに対応したinstax SQUAREシリーズの新商品「“チェキスクエア” instax SQUARE SQ6」の基本的な操作方法、さまざまな撮影モード、そしてスクエアフォーマットを活かした構図まで徹底解説します。使い方と撮り方をマスターして、多彩な表現にチャレンジしてみましょう♪

撮影時に使用するボタンなどを実機に示しておきます。
電源スイッチを入れるとレンズが通常撮影の位置まで繰り出されます。モード切替スイッチを押す度にモードが変わり裏面上部のLEDの点灯位置が変わります。セルフィーとマクロの位置ではレンズがさらに少し繰り出され近距離でピントが合うようになります。遠景モードにすると通常よりも若干だけ戻されます。二重露光、L、Dの位置では通常撮影のレンズ繰り出し位置です。

撮影時にフラッシュは何もしなければ常時発光します。ただしマクロモードでは低輝度自動発光のオートフラッシュになります。フラッシュが必要ない場合はフラッシュ発光禁止ボタンを使用します。

使用フィルム富士フイルム インスタントフィルム instax SQUARE
画面サイズ62mm x 62mm
レンズ沈胴式 2群2枚構成 f=65.75mm 1:12.6
撮影距離電動3点切替式
標準モード 0.5m~2m
マクロモード 0.3m~0.5m  遠景モード 2m~∞
シャッタープログラム電子シャッター 1.6秒~1/400秒
露光調整自動調節 連動範囲 : LV5.0~15.5 (ISO 800)
露光補正 : ±2/3EV
フィルム送り出し電動式
フラッシュマクロモード時 : 低輝度自動発光オートフラッシュ(自動調光)
マクロモード時以外 : 常時発光
セルフタイマー電子式 10秒 途中解除可能
電源リチウム電池 CR2 2本 撮影可能枚数 : 約30パック
インスタントカメラ“チェキ”instax SQUARE SQ6 | 富士フイルム
インスタントカメラ“チェキ”instax SQUARE SQ6のスペシャルサイトです。instax miniプリントの約1.3倍の大きさで、被写体そのものだけでなく背景やその場の空気感も切り取れるスクエアプリントに対応。多彩な撮影モード搭載のインスタントカメラです。

実写を少し載せます。昨年夏に別のSQ6で撮影したものです。そのSQ6が今手元にありませんので今回は Taylor Swift Edition を使用しました。このカメラでも撮影して実写を追加をする予定です。

宣伝みたいになってしまったので迷ったのですが、同梱品の全てを最後に載せておきます。
缶ケースとテーラーのポストカードが通常品と異なります。